開いた口が・・(+o+)

e0048582_1214139.jpg


開いた口が・・・・
別宅が本宅になって、初めての本宅で過ごす夜。
毛深い我娘たち・・・・開いた口が塞がらなくなった。
新しいパパは、おじいちゃんとおばあちゃんが可哀想だから半々ぐらいで、本宅で暮らすようにと言ってくれた。
昨晩の娘達・・・・
まず・・・ミミたんが夕食用の「白菜のおひたし」を盗み食いした。
夕食後・・・クリスティが居間の位置口にひいてある赤いマットの上にチ~~をした。
夕飯の後片付けを優しい旦那様がしてくれているときに・・台所でミミたんが、ウンを一粒ポロリと落とした。
寝る前のチ~~を済ませにミミたんとパパが出かけた。
パパはウン袋にミミたんがしたとは思えないほどの大量のウンを持ち帰った・・
(ミミたんの体重は減らない・・・・・)
クリスティが夜中・・・・キッチンマットの上のトイレに用を済ませた。

最後の極め付けが・・・
朝食後・・・クリスティが・・・ついに!!!
「白い絨毯の上にチ~~~をした。」

しかし・・・パパは・・・
「仕方がないよ~、ミミたんは偉いけどね~」
「クリスティは、あの性格じゃ~いくら叱っても無駄だよ~」
「あんたに似て気紛れだから~」
「ワンのしたこと、そんなに気にしなくて良いよ~」
だってさ・・・・・・(;一_一)

犬臭いのと、毛が舞っているのと・・・好きじゃ~なかったのに・・・
今でも口では云うけどね・・・どんなに綺麗にしも限界があるし。
この変わり様・・・どうなっているのだろ?

開いた口が・・(+o+)
e0048582_12142043.jpg

[PR]
by christy-03 | 2010-11-25 12:14 | ワンコ
<< 英語でokoto~その6.7 決行までの闘争! >>