久々に読書

e0048582_0281576.jpg

お正月、あえて出掛ける用事を作らずお家に籠っていました。駅伝見ながらゆっくりとしたペースで本を読みました。

年末、閉館ギリギリの時間に図書館に駆け込んで適当に選んでしまった小説数冊。


1冊目は読み口久々の読書の助走に海堂尊の「アクアマリンの神殿」バチスタシリーズの未来編。このシリーズを読んでいればタイトルを読んだだけでどのお話の続きだかわかってしまう。
海堂さんの本は好きなのだけどなんだかんだいって結局バチスタワールドと繋がってしまうのがたまにキズ。でも、小説離れてしたあとに読む一冊としては安心して読めるので良いかな?海堂ワールドに某日○病院がモデルとなったような病院がて出てきたし、その後どのように出て来るか?それも楽しみだったりする。

二冊目は坂東眞砂子の「眠る魚」坂東さん。色々と中傷されたこともあったようだけどわりと気になる作家さん。
「眠る魚」内容的には話の続きが未完で終わる。その分だけ背筋が寒くなるような終わりかたをする。

しばらく坂東さんの本から離れていたので、読んでいない作品が多数有ります。
少し読み進めて見ようかな?
坂東さんの作品は読み終えた後の余韻に面白みがあるので時間に余裕のあるときにしようかな?

今年の抱負その1は読んだ本のレビューを書いてみるでした。
[PR]
by christy-03 | 2015-01-05 00:01 | Comments(0)
<< 土地探し① 明けましておめでとうございます。 >>