匂の宮

この冬、種苗会社から届いたお買いカタログにミニバラ三本セットがあった。
ミニバラ、冬でも場所をとらずに家の中で楽しめそうだったので思わず買ってしまった。そのうちの一本がこの「匂の宮」
「匂の宮」といえば源氏物語、宇治十帖の主人公の一人です~
はなこっちは夏の終わりにあるお筝の古曲の講習の曲「新浮船」をお勉強しています。
浮船、薫の中将、匂の宮~
ミニバラ「匂の宮」を眺めながら~源氏物語宇治十帖の世界にタイムスリップ~
e0048582_1655590.jpg

[PR]
by christy-03 | 2006-07-08 16:55 | バラ | Comments(2)
Commented by 奈々ママ at 2006-07-08 17:38 x
「匂の宮」は薫と違って好色なイメージだけど、このミニ薔薇の「匂の宮」は清楚ね。
どっちかというと「薫」のイメージだわ。
「源氏物語」なかなか最後までたどり着けないのよね~。
でも、飛ばして「宇治十帖」は読みました。
はなちゃんはどなたの「源氏」を読んだのかしら?
私が読み終われないのは「谷崎源氏」です。
格調高いんだけど難しいんだわ~。
また読み直してみようかな~。
Commented by はなこ at 2006-07-10 16:29 x
奈々ママさん~奈々ママさんのお好みは「匂の宮」なのね~
このミニバラ「薫」のイメージかな??と、私も思ったのですが、眺めているとやはり「匂の宮」かな???
源氏物語、バラバラとかいつまんで読んだのは円地さんです~
あまり好きな訳ではなかったけど、瀬戸内さんのも持っていたりして、ただ一生の間に一度は読破したいと、谷崎源氏の改訂版フルセットを古本屋で見つけて買ってきました~
本棚の奥で待機中だけど・・・
谷崎源氏は素敵だわ~
<< アルメリア~ピンク カモミール >>