秋の夜長に思うこと~

今日は、台風の影響で断続的に降り続く雨のため、お花のお手入れはお休みです。
この台風は九州で猛威を振るったようですが、ここ数日多忙のためTVのニュースを見ていないので今、北海道に上陸しようとしている台風の脅威が分からないのでした。
 私の住んでいるところは、地震も少なく、台風や大雨の影響も受けづらい地域なので、自然振るう猛威には冬の寒さ以外は疎いところがあります。
冬の寒さとて、高気密の温かく涼しい住宅に住み、寒い冬の間中ストーブに火を入れ過ごしているのでさほど、寒さを脅威とは思ってないのかもしれません。
 只、恐ろしいと思うことは、台風が来ても、寒い冬が来ても何の心配もない環境。
それを当たり前に思って日常を過ごしている自分が恐ろしいと思います。
私が幼い頃住んでいた家はアルミの二重サッシではなかったので冬の前に窓すべてに母が透明ビニールを貼って、寒い隙間風が入らないようにしました。
夜は電気代がかさむから、11時には家中すべての電気を消して眠りました。
今は、部屋の明かりをつけPCに向かっています。
 昔から比べると、一年一年少しずつ豊かになってきた暮らし。
豊かになることは素晴らしいことですが、それに感謝し幸せと思う心、また今の恵まれた環境に溺れない自分でいたいと思うはなこっちでした。
 台風の雨が降る秋の夜長、今年綺麗に咲いてくれたお花の写真を眺めながら、ふと考え込んでしまうのでした。

写真は八重咲きのインパチェスちゃん
e0048582_23555414.jpg

[PR]
by christy-03 | 2005-09-07 23:55
<< 台風一過 名無しのバラ~ >>