台風一過

台風一過、今日は昨日の雨が嘘のような晴天でした。
台風が北海道に上陸することは、一昔前なら大変珍しいことなのですが、ココ近年ではそうでもなくなってきているようです。
気候は年々温暖化しているようで、30年後オホーツク海に流氷は流れてこなくなる予測も打ち出されているようです。
台風が去ったあとは、お決まりの強風が吹きます。
「野分け」です。
「野分き」と言えば、すぐさま「源氏物語」のワンシーンが目に浮かぶはなこっち~
何帖のだったのか、この場でそらんじることは出来ないのですが、
秋に野分きの、庭の様子を見ていた紫の上を、台風の後のお見舞いを言いにやってきた光源氏の息子夕霧が偶然垣間見る
シーン。
秋は読書の秋です。
久々に古典を読んでみようかしら?
さて、はなこっちの花園の野分けの被害は?
エンゼルトランペットが少し傾いた程度で後は大事ありませんでした。
傾いたついでに、地植えだったものを一株だけ鉢に入れましたが・・重い!!!
背丈がはなこっちより高い!!!
立派なったトランペットちゃんなのです~
e0048582_00161.jpg

[PR]
by christy-03 | 2005-09-08 23:59 | Comments(4)
Commented by 奈々ママ at 2005-09-09 08:05 x
はなちゃん、おはよう~!!
久しぶりに「野分け」なんて言葉聞いたわ~。
源氏物語、学生時代には全部読んだんだけど、谷崎潤一郎の素敵な現時をその昔買ったんだけど、難しくてなかなか読めないでいるのよ。
読み進んでいくと、前に出てきた人が再登場するんだけど「どういう人だったっけ~」と思って前に戻って読み返すということを繰り返してるの。
死ぬまでに読めるかしら~?
最近は、読んで面白い本ばかり読んでるので、たまには古典もいいわね。
Commented by はなこ at 2005-09-09 23:21 x
奈々ママさん~こんばんは~
野分け~あまり聞きませんですよね~
PCでも変換してくれないわ~
私は、何時かゆっくり読みたいと、谷崎潤一郎と円地文子と瀬戸内寂聴のを持っているのです~
年に数回しか開かないけど、パラパラめくる程度です~
何時か、仕事をしなくて良くなったら源氏物語や他本の世界にどっぷりハマってみたくて~
現実逃避??と勘違いされるかな~
最近~近年は短編かエッセイが多かったのですが、最近長編好みが復活しそうです。
山崎豊子「二つの祖国」いま読んでます~
昔は苦手だったのだけど・・・・・ね~
Commented by 奈々ママ at 2005-09-10 00:38 x
はなちゃん、はなちゃんも谷崎源氏読んでるのね。
あれは優雅で格調高いけど難しいね。
私が学生の頃は円地源氏何度も読んだけど、若かったせいかスイスイ読めたのよ。
居間じゃ、眠くなってダメだわ~。
あと宮尾登美子さんの本も好きだわ。
最近は宮尾さんの本も前に比べたら軽くなったというか読みやすくなったような気がするわ。
あと、時々読むのが北海道に住んでる藤堂志津子さん。
当たりハズレがあるけど電車の中なんかで読むのにいいわ。
はなちゃんの文章が面白いのははなちゃんがたくさん本を読んでるせいね。
納得。
Commented by はなこ at 2005-09-10 23:14 x
奈々ママさん~わたしも最初は円地源氏なのです~
谷崎潤一郎はこれからね~
宮尾登美子は大事に読みたいので、時間がゆっくりとてるときに読みます~
あとは、宮部みゆき、五木寛之・・・・
そのときの気分で変わります~
本・・・最近読書量が減ってきているるのでなんとも・・・です。
<< オールド・ブランシュ・チャイナ 秋の夜長に思うこと~ >>